トップ > 5 小学生のお小遣いの相場は? > 小学生のお小遣いの相場はいくら?-学年×100円が一番多いケース

この不況の先が見えない時代だから・・・
子供には有名小学校に入学してもらいたい!
【成蹊123名、桐朋125名、国立学園226名合格!】 ドラマでも紹介された!あの【伝説のあすか会】のノウハウが再び公開!
有名小学校受験のための幼児教室【あすか会の合格講座】に
興味がありませんか?
【DVD3枚+問題集+学習の手引き】

小学生のお小遣いの相場はいくら?-学年×100円が一番多いケース

子供が小学生になったら、友達と遊びに行ったときに
ちょっと買い物をする機会も増えてくるでしょう。

そんなとき、わが子だけお金をもらっていないので
買えない、という状況になってしまったら
可哀想と思う親もいると思います。

確かに自分がそういう状況になったら
友達に引け目を感じたりするかもと思いますよね。

子供を持つご家庭は、いったい、いくらくらいの
おこずかいをあげているのでしょうか。

最も多いのは、学年×100円といった方法を
毎月あげているようです

一年生は100円、二年生に進級すると200円・・・
六年生までいくと600円にも。

小学生のおこずかいとしては
たしかにこれくらいの金額がよいと思います。

あまりにたくさんおこずかいをあげると
子供の金銭感覚を狂わせてしまうかもしれませんよね

子供のおこずかいの使い道で多いのは
お菓子や漫画のほか、男の子だとカードゲーム
女の子はかわいい文具などを買っているようです。

学用品などは親が買いそろえますので
子供は必要なものを買っているのではなく
遊ぶためのものを買っているので
この金額が妥当でしょう。

だからといって、ただお金をあげているだけでは
いけません。

無駄遣いをしないということもしっかりと
教えていかなければいけませんので
必ずおこずかい帳を持たせて使うたびに
書いていくように言い聞かせましょう。

その他のおこずかいの金額の決め方としては
毎月いくらと決めるわけではなく
お手伝いをしてくれた時にあげるという方法を
とっている家庭もあります。

また、テストで良い点を取った時に100円
悪かった時は100円没収などの方法もあるようです。

これなら、子供が積極的にお手伝いや勉強をがんばり
お金の大切さも実感できると思います。

他にも、おこずかいが必要になった時だけ
子供が自ら親にほしいと言うという方法など
各家庭によって様々ですが、子供のためになる
おこずかいの上げ方が一番いいですよね。

この不況の先が見えない時代だから・・・
子供には有名小学校に入学してもらいたい!
【成蹊123名、桐朋125名、国立学園226名合格!】 ドラマでも紹介された!あの【伝説のあすか会】のノウハウが再び公開!
有名小学校受験のための幼児教室【あすか会の合格講座】に
興味がありませんか?
【DVD3枚+問題集+学習の手引き】
この記事のカテゴリーは「5 小学生のお小遣いの相場は?」です。
小学生のお小遣いの相場はいくら? そんな疑問にお答えしています
関連記事

小学生のお小遣いの相場はいくら?-学年×100円が一番多いケース

子供が小学生になったら、友達と遊びに行ったときに ちょっと買い物をする機会も増え...